対面選考が難しい今、採用トレンドが変化する?!

2020/05/28
採用トレンド

皆様こんにちは。

 

新型コロナの影響により、社会情勢が大きく変化し、

採用を行うことが難しい企業様もいらっしゃることと存じます。

 

また、採用を継続されている企業様におかれましては、

感染拡大防止のため、三密を防いだり、WEB面接を導入するなど、

様々な対策を行われていることと存じます。

 

そんななか、今回は、新型コロナの影響でおこる、

採用トレンドの変化について、考えてみたいと思います。

 

採用において、最も影響がでるのは、

「対面」での選考のハードルが上がることでしょう。

 

在宅勤務や、ソーシャルディスタンスが社会に広まるなか、

「対面」の場を設けることは、難しくなっております。

 

その打開策として注目されているのが、

<WEB面接>です。

 

実際に会わなくても、WEB上で面接・面談を行うことで、

感染拡大を防ぎながら、今まで通り採用を進めていこうというものです。

 

これは、以前からあった手法ではありますが、

今回の状況下で、より大きな注目が集まっています。

 

ですが、WEB面接では、

リアルな面接と比べ、WEB独特の間が発生し、

会話のテンポが悪くなってしまったり、

自由な発言がさえぎられてしまったりと、

得られる情報が限定されてしまします。

もちろん、空気感がつかみづらいということもあるでしょう。

 

そしてこれは、

選考官の方が「応募者の本質が分かりづらい!」

と思っていると同時に、

応募者の方も「企業のことを理解しづらい!」

と思っているのです。

 

どんなに優秀な方が応募してきたとしても、

企業のことが伝わらなければ、不安が募り、内定承諾にはいたりませんよね?

 

そこで必要となるのが、

応募者や求職者に向けた、「情報発信」です。

 

入社前にどれだけたくさんの<信頼>できる情報を得られるかは、

内定承諾に大きな影響を与えます。

(大げさな話、どんな仕事をしているかわからない会社には入社したくないですよね…)

 

そして、<信頼>できる情報とは、<新鮮>な情報です。

さらに、継続して発信されている情報ですと、

より信頼感が高まります。

 

逆に古すぎる情報は、信頼間を失ってしまします。

 

その情報発信として、新たに注目されているのが、

採用サイトです。

 

WEB面接での情報不足を補完し、

情報更新や、コンテンツの充実化を行うことで、

信頼できる情報にアクセスできる場となります。

 

現代は、あらゆる情報に、手元のスマホで簡単にアクセスできる時代です。

ぜひ、貴社の情報も、応募者、求職者の方が、

「いつでも、知りたい情報を、スムーズに知ることができる」

ように、見直してみてはいかがでしょうか?

 

もし、

「採用サイトはあるけどどうしたらいいのかわからない!」

「そもそも採用サイトがない!」

など、お困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

採用サイトの活用方法や、他の採用手法との連携含め、お話をさせていただきます。

 

◆WEB面接のポイントについてこちら

https://saiyodc.jp/blog/20200318-727/

 

 

 

 

 

 

Contact Us
お気軽にお問合せください