人とのつながりが大事!現代的縁故採用のススメ

2019/01/21
人とのつながりが大事!現代的縁故採用のススメ

自社の人材が不足しているとわかっているにもかかわらず、期待通りの人材を採用できない。採用に力を入れているのに、時間やコストだけがかかってしまう。こういった人事の課題を解決するために、今回は、昔ながらの採用方法である「縁故採用」の現代的な活用方法について紹介します。

 

縁故採用とは何か?

縁故採用とは、いわゆるコネ採用(コネ入社)のことです。社内で力のある人物や大口取引先など、自社とのコネクションが強い人の親族や関係者を採用する方法です。

 

縁故採用で就職した人材は、人間関係の配慮から離職する確率が低いと言われています。地方企業の場合は、若者が都市に流出するのを防ぐ効果もあります。

 

縁故採用のメリット・デメリット

縁故採用というと、世間ではあまり良いイメージを持たれてはいませんが、実際、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

縁故採用のメリット

採用におけるコストや時間を削減できる
人材紹介会社や就職サイトを仲介しないため、人材を集めるコストがかかりません。また、就職希望者と直接コンタクトをとることができるため、採用までの時間を短縮することができます。

 

優秀な人材を見つけることができる
履歴書や面接などではわからない、人間性や能力に関する情報を事前に入手できます。書類選考や面接など一般的な採用プロセスだけで応募者の能力を見極めるのは難しいといえますが、縁故採用なら自社が望む優秀な人材を確保できるかもしれません。

 

取引先からの採用はビジネスにつながる
取引先から縁故採用する場合は、取引先との関係性を深めることができます。今後、取引を継続的に行っていく可能性を高められれば、ビジネス上のメリットは大きいと考えられます。

 

縁故採用のデメリット

世間体が悪い
「縁故採用」という表現ならまだしも「コネ」や「コネ採用」という表現になると、特別待遇という印象を与えがちで、世間的なイメージは良いとはいえません。ですので、大々的にコネ採用を公表している企業は多くないのが実状です。

 

社内で受け入れられない場合がある
縁故採用で入社した人が、うまく会社になじめない場合があります。仮に、縁故採用された人が高い役職の親族だった場合、まわりの社員が変に気をつかってしまう、職場から浮いてしまう、といったケースがあります。また、採用された人物の能力が低く、待遇や昇進スピードなどに差があると、他の従業員のモチベーションを下げる結果にもなります。

 

近年、注目の「リファラル採用」とは?

縁故採用と似た採用形式の1つとして、最近「リファラル採用」に注目が集まっています。社員の知人や友人を紹介・推薦してもらう採用方法で、必ずしも「企業にとって影響力の強い人物」からの紹介というわけではありません。アメリカではリファラル制度(Employee Referral Program)と呼ばれ、過去10年間でもっとも採用者数が多いと言われる主流の採用方法です。

 

リファラル採用を上手に活用すれば、人材紹介会社に支払う費用やメディアへの掲載コストを削減できます。ある企業では、リファラル採用を導入することにより採用コストを10分の1程度にまで抑えることができたそうです。サイバーエージェントやGMOメディアなど、最近のベンチャー企業は積極的にリファラル採用を活用しています。

 

まとめ:これからの採用は人とのつながりが大事

労働者人口の減少によって売り手市場が加速する現在、人材の獲得競争は厳しくなる一方です。採用といえば、インターネット(求人サイト)を利用するのが現在の主流ではありますが、求人サイトに自社の情報を掲載しただけで欲しい人材を獲得できるとは限りません。こういった場合の解決策として、人と人のつながりを重視した縁故採用を見直してみてはいかがでしょうか。

 

参考:

「いい縁故採用」と「悪い縁故採用」はどこが違うか|DIAMOND online

新たな採用トレンド「リファラル」とは? コネとは違うメリット|AERA dot.

企業がいま「縁故採用」に本気になるべき理由|東洋経済ONLINE

「リファラル採用」と「コネ採用」の違いは?|マイナビニュース

タグ

Contact Us
お気軽にお問合せください