採用担当200名に聞いた「今後期待する媒体」

2019/01/10
採用担当200名に聞いた「効果を発揮している媒体」と「今後期待する媒体」

2018年6月に実施した「人事お悩みアンケート」第2弾。

アンケート回答者は前回に引き続きジェイ・ラインのクライアント様になります。

今回は、特に「募集媒体」についてクローズアップしたいと思います。

 

 

まずは、採用活動について最も効果を発揮している媒体についての回答がこちらです。

 

その他:タウンワーク5、バイトル2、ぱど、リジョブ、リクルートキャリア、マイナビバイト、タイムズ、アイデム、特設サイト、社員紹介、ハローワーク

 

 

「その他」という回答が最も多くなってしまいましたが、各社の状況に合った媒体を提案し活用して頂いているので、当然といえば当然の結果かもしれません。

 

続いて、今後の採用活動で最も期待する媒体についての回答がこちらです。

 

 

 

 

その他:オファーボックス、リジョブ、バイトル2、アン、LINEバイト、リクルートキャリア、タイムズ、タウンワーク、合同企業説明会、新しい媒体

 

 

こちらも「その他」の回答が最も多くなってしまいましたが、具体的な選択肢で一番多いのがIndeedとなっています。

 

最初の「現在効果を発揮している媒体」では5位に対して今後の期待値は一番大きいということが非常に興味深いですね。

 

「その他」の回答にあった「新しい媒体」という回答からも分かるように現状を打破する新しい施策を望む採用担当者の方が多いのだと思われます。

そして今年2019年は、あの、google for jobsがいよいよ日本にやってきます!

 

Indeed初登場の際に、これまでの「ナビサイト型求人媒体」と「web広告型」の違いにカルチャーショックを受けていた頃が懐かしいですね。

 

今度は、Indeedと同種でライバルのweb広告型の求人媒体google for jobsが日本の採用市場にやってきます!!

 

saiyo.crewはIndeed同様、google fo jobsにも対応していきますので、ご期待下さい。

 

 

なお、現状を打破したい採用ご担当者様は、ご一報ください!

全力で支援させて頂きます!!

タグ

Contact Us
お気軽にお問合せください