応募が来たのに来社に繋がらないのは何故か。

2018/07/24

入社3年目、HR大阪のTです。

日本の暑さが今年は異常だと聞き、

余り実感はありませんでしたが、

実は調べてみると昨年の7/23、大阪市は最高気温が32.3℃

今年はなんと37.2℃と5℃も開きがあるのです。

保育園や幼稚園でも、プール以外は外に出ないようにしているとか…

 

もしかしたらこんなところにも応募が来ない理由はあるかもしれません。

 

その他にも、

「電話対応が高圧的だった」

「同時にたくさん応募したので覚えていない」

「天気が悪くて出たくなかった」

「急な予定が入った」

「調べたら会社の評判が悪かった」

など、本当に些細なことから様々な理由が考えられますね。

 

実は応募者が企業様のホームページを閲覧する割合は、

おおよそ9割と言われています。

 

高年齢化や少子化による労働力人口の減少。

それとは反比例に上がっていく有効求人倍率。

 

集客数を上げるだけでは採用に繋がらないケースが増えてきたように思います。

実際に相談を受ける内容も、「応募が来ない」はもちろん、

「面接に来ない」という内容が多くなりました。

 

そんな時に、使えるツールがSaiyo.crew」です。

 

こまめな情報発信や、求職者が不安に思っていること、

求職者が本当に欲しいと思っている情報を事前に伝えることが出来れば、今よりも求職者の志望度を面接前に引き上げる事が可能かもしれませんね。

「電話対応が高圧的だった」

→社内に採用活動を浸透させること。

 

「同時にたくさん応募したので覚えていない」

「天気が悪くて出たくなかった」

「急な予定が入った」

→自社への志望動機を高めること。

 

「調べたら会社の評判が悪かった」

→ホームページを見て不安が払拭された。

 

もしかしたらこれだけで解決できる内容もたくさんあるかもしれませんね。

採用に関してお悩みがあれば是非ご相談を。

Contact Us
お気軽にお問合せください