"会社パンフレット化"に要注意。魅力的な採用サイトを作るコツ。

2018/06/28

入社4年目、Kです。

ありがたいお話、
企業様とのお付き合いが長くなってくると、
だんだん会社について詳しくなって、
どんどん会社のことが好きになってしまいます。

 

そうなってくると、
求人広告や採用サイトを作る際も、


 

「商品力も、サービスへのこだわりもアピールしなきゃ!
あと、社長の人柄も打ち出さないと!」

 

と、ついつい欲張ってしまいます。

 

きっと、企業様が採用サイトを更新されるときも、

同じような状況に陥ることが多いのではないでしょうか。

 

でも、あくまで冷静に。

 

「これって求職者にとって必要な情報なのかな?」

 

と、振り返って考えることが大切です。

 

例えば、

商品の優位性は、営業募集なら「売りやすさ」のアピールになる一方で、

事務募集なら、魅力にはつながりにくいコンテンツです。

 

サービスへのこだわりを過剰にアピールすれば、

接客に誇りを持っている方にとってはやりがいを感じられる反面、

ハードワークな印象を与えてしまう恐れがあります。

 

社長の人柄は、社風にどのように反映されているかの補足がなければ、

日々の仕事にあまり関係ないと感じられるかもしれません。

 

難しいですね…。

 

もちろん、「自慢してはいけない」ということではありません。

 

大切なのは、

 

これらをいかに働く魅力につなげるか。

 

「会社パンフレットになってないだろうか?」と常に意識し、
求職者にとってプラスになる情報を発信することを心がければ、
「何を書くべきか」が見えてくるのではないでしょうか。

 

採用サイトを更新される際には、
ぜひ参考にしていただければと思います。

Contact Us
お気軽にお問合せください